金星に潜む

@hagi__nn

地方ジャニオタ、就活しました

 

来年は就活だし今年は悔いの残らないようにジャニオタするしかないよね〜〜!って宣言してから約1年、無事就活を終えたので少し残しておこうと思います!あっ、でも解禁までほぼジャニオタしかしてなかったような意識低い系大学生なので参考にならないとおもいます!!!(予防線)やったら長いので、読みたいところだけ読むことをおすすめします〜〜〜

 

 

 

【基本データ】

 

・地方4年制大学*1の文系

・担当は増やそう制度 二宮和也中間淳太大西流星

・ひとり暮らし

・遠征ジャニオタ、2016年の現場数は15

 

 

 

 

【就活スタンス】 

 

 <就活前>

 

①休日120日以上、納得できるお給料

これは社会人になってもおたくを続けようという図太い精神!!!あと体力がないのでどんなにやりたい仕事でもお休みが少ないとたぶん体調を壊すので、隔週土曜出勤とかね、ちょっと無理かな~と思ってました…

 

②営業職もしくは販売職

人と直接関わるお仕事がしたかったので、営業か販売で見てました。あとじ~っとしてられなくて、ずっと座っていられないタイプなので事務職は考えていませんでした。通信簿に書かれるやつです、書かれたことないけど(笑)

 

③首都圏か大阪か現住所付近(地方)

始めたころはそんなに気にしてなくて、総合職で転勤もありかな~って思ってたくらいなんですけれど、めちゃめちゃ不純な動機*2もあって地方もありかな~とも考えてました。

 

 

<就活後半>

 

①休日120日以上、納得できるお給料

ここは最後まで変わらずなところでした~やっぱりお休みとお金はおたくにとって大切、おたくじゃなくてもわたしにとっては大切でした。

 

②B to Cの営業職

就活始めたころは、いろんな4業界*3くらいみていたのですが、説明会などに参加する中でやりたいことも明確になってきた感じでした。後半は個人のお客さまと直接関われる仕事がいいな~と考えて、業界もひとつに絞ってしまっていました*4。だめならまた1からやるか~くらいでした…(ゆとり)

 

③首都圏か現住所付近(地方)

大阪が選択肢から外れたのは、現住所から遠いことと、実家が関西寄りだったので、まあそこそこ近い距離で改めて引っ越しして一人暮らしするのも大変だな~という考えからです。総合職で全国飛ぶのもありかな~っていうのは変わらなかったけれど、はじめたころよりは気持ちは薄れていた感じはあって、最終的には基本的に東京にいれる総合職か、地方のエリア職に絞ってました。やっぱりおたくしたくて東京という夢は捨てられなかったです(笑)

 

 

 

 

【就活中スケジュールと現場】

 

<3年夏~3月の解禁まで>

 

8月:1dayインターン(あとで受けてなかった)

最初のとおり、今年はおたくするぞ~!と決めておたくしてたのですが、就活へ不安もあってひとまず選考もない1dayインターンへ。まあ1dayで就活に直結したりとかはないものでした。とりあえず~みたいにふわっとしすぎて、何に注目して見ておけばいいかもわからず、とりあえず説明聞いてたみたいな感じです。でも何もしないよりはよかったのかな~、田舎者は都内の有名私大生にびくびくした(笑)あ、でも帰りに同じグループだった子がジャニオタだと判明して盛り上がりました。おたくの打ち解ける速さ尋常じゃない(笑)

 

9月:少年たち

10月:A.B.C-Z SLT、Hey!Say!JUMP DEAR.、VBB

12月:クリパ、50Shades、24コン×2、あゆはぴ

まあインターン行っても就活の意識はそんなに芽生えず、ふつうに現場いってました。充実しすぎ。

 

12月:1dayインターン(あとで受けた)

ここは当初行きたいと思ってた企業なんですけれど、インターンは1dayしかなかったのでとりあえずこのインターンに。楽しかったけど、あとで頭がなくて落ちます、しんどい。勉強だいじ。

 

1月:なうぇすと×3

2月:A.B.C-Zお渡し会、東西SHOW合戦×2

就活解禁を目前にして、ラストスパートとばかりに現場ラッシュ。当たったからとか言ってめっちゃ行く。東西はもうラストだね~就活終わるまで現場断ちしてがんばろう~って言って臨みました。これがめっちゃ楽しくて、なかなかこれを超える現場に出会えなそうな話はまたします~

 

 

<3月~4月>

 

3月1週目:合同説明会祭り

ひたすら合説祭りで、とにかく気になる業界の企業を片っ端から聞いていくかんじ。大学のと大阪に行きました。あと東京の大きいのも行きました。

 

3月2週目:春松竹

つい2週間前新橋演舞場でラスト現場だと誓ったジャニオタ、松竹座にいました。春松竹は当たらなくて、でもどうしても行きたくて相方さんとチケットを探すことを覚悟。大阪での合説ののち、スーツから私服へジャニーズ並みの早着替えをキメて気付けば就活生からジャニオタに。あのときばかりはわたしもジャニーズだった(?)

 

3月2~3週目:合説、個別企業説明会、テストセンター

東京と現住所地域を行ったりきたりで説明会に参加してました。この時期が1番忙しかったです~。結果としてこの時期に説明会に参加した企業に内々定をいただきました。ここでクリエの当選と魔女宅落選のお知らせが。

 

3月4週目:ジュニア祭り

行ってしまった(意識低い)

東西で慎ちゃんの沼につっこんでいった相方さんと、「スト担やりたくない?」「やりたい」で結局キメました。就活と世間の春休みにより激高の夜行バスと闘うおたく。

 

3月5週目~4月末:個別説明会、面接、セミナー

説明会行ったり、セミナー行ったり、1社だけ面接もしてました。4月は3月にお休みしてたバイトにもちょこちょこ。

 

4月:ジュニア祭り

諦められませんでした(意識低いその②)

えっ、たまアリの日ちょうど東京で説明会あるし、帰りに行けるのでは…?と思ったんです。すみません。もうここまでくると誰に対してか分からないけれど、おたくのしすぎで謝りたくなる。すみませんでした、楽しかったです。(くず)

 

 

<5月〜>

 

4月末〜5月2週目:面接ときどき説明会

面接というか、だいたい面談っていう名目で何度か呼ばれて社員の方とお話ししてというものもあったり*5、あとは少しまだ説明会にも行ってました。

 

5月3周目:クリエLove-tune公演

断つと言いつつ3月に当落が出ていて、局に登録して初めて当選したということもあったしクリエだし…という言い訳をして、就活の合間に入って当日券並んでってしてました。17日に入ったクリエでの接近戦がすごすぎて、翌日の面接中クリエのドキドキを思い出しては面接の緊張をとばしてました、ジャニーズってすごい。あんまり思い馳せすぎると面接の途中で何話してるかわかんなくなってくるから気をつけてください(ばか)

 

5月4週目〜:面接、内々定

5/23は24コンフラゲして鑑賞会する!って決めてたので、それに向けて面接がんばったりという感じ。6月頭に第1希望の企業からうれしいお知らせをいただいて無事おえることができました。

 

 

 

 

【就活結果】

 

エントリー数:約50社

個別説明会参加数:約25社

履歴書、ES等書類提出数:10社

そのうち選考を受けた数*6*7:6社

 

わたしは最終的に選考を受けた6社のうち、A社がテストでお祈り、B社が2次面接でお祈り、C社(第1希望)D社から内々定という流れで進んでいって、ここで就活を終えてしまっています。のこりのE社F社は最終選考が控えているという状態で終えました。

B〜F社がおなじ業界で、A社のみまったく違うけれど興味があった企業だったので、選考の進み方はちがうところはありますがこんなかんじでした〜。志望業界だったりどこで就活するか〜などにもよるので一概には言えないですが、書類を出した数やその後の選考を受けていた数は、めっっっっっっっっちゃ少ない方です!!!(参考にならないポイント)説明会は人並みには行ったのですが、途中で志望業界をひとつに絞ってしまったので、ぐんと選択肢が少なくなってしまってっていうイレギュラー?が原因ですね…

 

結果としては、就活スタンスとして考えていたお休み、お給料も納得できる営業職でいわゆるエリア職として今住んでいる地域で働ける企業にきめました。まだ選考途中だった企業も良いところはもちろんあったのですが、いろんなポイントから長く働けるところ、まあひとことで言えば大きいところにきめました。

 

 

 

 

【ジャニオタとしての就活】

 

<ジャニオタでよかった編>

 

①夜行バス、都内の移動に慣れている

まあ就活中お金がないので*8、夜行バス必須なんですけれど、現場のために何度も乗ってきたので熟睡できるし、乗り場も迷わない、近くのマック把握済みだしでこの面で疲れることはあんまりなかったかな~と!

 

②息抜きの方法がある

就活中はいろんなものに敏感になってて、毎日メールくるのほんとむり、もうメール見たくない現象とか、あと某動画サイトに流れる動画広告にヒイ~~~と拒否反応起こしたりしてて!(するよね?)日常生活に食い込んでくる就活にす~ぐ気持ちがやられる(笑)

 

就活じゃなくても言えるんですけれど、担当とかお顔が好きな子の写真とか見たらハア~~~カワイ~~~以外のこと考えられないじゃないですか?なのでちょっと硬めの透明のカードケースに写真入れて就活バッグに忍ばせ*9、面接の前とか見てがんばってました(やばい)ケータイで見るよりなんかよかったのでおすすめです(やめて)

あとあんまり予定がなかったり時間があるときは、ジャニショ行ったり、いつか行くかもしれない劇場とか巡ったりしてたので息抜きになってました。サンシャイン劇場もはじめて行ってみたんだけど、そのあと照史くんのアマデウス決まったから運良く予習できましたね!!!あとこれ就活中ミステリーなんですけれど、1回ジャニショ行くたびに2、3枚くらいずつ中島健人さんの写真を手にしていて、気付けば就活中だけで20枚近くになっていました………だって中島健人さんのお顔が天才だから!!!(涙)中島健人さんのお顔が天才委員会)

 

 

<対面接編>

 

企業に対してはジャニオタっていうことは全く明かさずに就活してました。ふだんだと初対面のひとにも言っちゃったりするんですけれど、まあだいたいそこからいろんな自分を知ってもらえる前提なので言えるところがあって。ま~ジャニーズに対するイメージって人それぞれなので、そりゃあジャニーズってだけで苦手なひともいると思うんですね。逆もありますが!だから選考に関係あるなしに、もしそういうひとに当たっちゃったときに、ジャニーズとかジャニオタってところでマイナスのイメージを持たれちゃったらなんかもったいないな~と。もし苦手って思ってても、ゆくゆくわたし自身を知ってもらってからジャニオタだってわかる分には、また見方もちがってくる気がするので、安全をとりました(笑)趣味特技系の質問には、ふつうに部活とかのことを話してました!

といいつつこの記事を書いている途中、内々定いただいた企業の社員さんと話す中でバレました~~~っ!!!と思ったら引き換えにジュニア担がいるとの情報が手に入りました…なんて生きやすい世の中………

 

 

<ジャニオタとの両立>

 

それで結局、就活とジャニオタ両立できんのか~トーキョー!*10って話なんですけれど、この通りわたしはがっつりジャニオタしながら就活していて、2016年の1年間の現場数15に対して今年すでに9回、就活中にも4回と月1以上のペースで行ってました。なっんにも控えてない、むしろ攻めてる!!!(攻めるな)実際に就活も2拠点でやってたしバイト先の繁忙期もあって忙しくなかったわけではなかったんですけれど、現場行きながらっていうのはできると思います。でも当落とかでもうとことん落ち込んじゃうひととか、切り替えができないとあぶないかなあ…とも思います。わたし自身落選してもけっこうケロっとしてるタイプなので就活中の落選も、むしろ円盤に金かけるぞ~くらいの気持ちだったっていうところは大きいかな~と。

わたしも実際に大学受験の前は、当時嵐だけ追っていて現場自体年2*11と貴重だったんですけれど、願掛けの意味も込めてコンサートの応募すらせず頑張ってたこともありました*12。なので今自分がこういうときに頑張れるっていうのに合わせるといいのかな~と思います!どっちも頑張るも、ちょっと控えるも、一本集中!もありだとおもいます!

 

両立するにも一本にするにも、じゃあ何すればいいんだ~って話なんですけれど、やっぱり主体的に*13いろんな経験を積んでおくことは大事かな~とおもいます。自己分析大事だよってめっちゃ聞くと思うんですけれど、実際大事で。で、まず自己分析するにあたって、わたし自身自分の経験から見えてきたことがたくさんあったな~と。あとESとか話のネタも増えるし。内容は何でもいいと思います。自分が胸張ってがんばったな~と思えれば!

具体的にいうと、わたしは文化部、運動部、生徒会も経験してて*14、大学では運動系サークルと委員会に所属、アルバイトでいろんな経験もさせてもらっていたり。あとアルバイト柄、40~60代の方*15と話す機会も多かったから、敬語だったり、なんとな~く丁寧な雰囲気を醸しだして話すのは慣れてました。あとこれは就活になってからですが、ただただニコニコするのめっちゃ得意らしいことを知りました。会った社員の方や面接官に毎回のように言われて気付いた(笑)これはすごい得したと思います。でも加えて見た目の雰囲気と相まってふわっとした穏やかなタイプに見られることが多かったように感じたので、何でもアピールできる時間があると「(こう見えて)がっつり運動してたよ!いろんなことに意外とガッツあるタイプです!」っていうアピールをしてました。営業志望っていうこともあったと思うけれど、意外性アピールいいかもしれないと思ってやってました~~個人的には反応よかったかな~と思ってます!

 

 

 

 

【おわり】

 

就活ってほんと人それぞれなので、どのくらいがんばるかは自分で決めていいと思います。友だちだと3年夏に1か月インターン行って解禁くらいには終えてた子、荒波に揉まれながらも大手に決めた子、業界的に3月始まりで3月内定だった子もいます。わたしみたいに3月に始めてジャニオタやりながらも6月1日に終わるタイプもあるし。だからいまの時点でどうなりたいか考えるとちょっとした指針になるかもしれないです〜〜〜!

 

就活中はどうしても1人で頑張らなきゃいけないところもあって、不安になることもあったけれど、終えてみるとほんとに回りに支えられていたな~~~と思います。両親先輩だったり、バイト出れなくて後輩にもがんばってもらったりで!就活中不安すぎて人と会ってないと気持ちが落ちるので、定期的に会ってくれた友だちには特にありがとうの世界………

あと心から感謝してもしきれないのはジャニーズ。これ真剣。現場あってくれてありがとう、ジャニショという160円で幸せが買える世界ありがとう、中島健人さんのお顔が天才でありがとう。わたしはジャニーズ…中島健人さんのお顔と就活を乗り越えたと言っても過言ではありません。ジャニオタでよかったです。おわり。

卒論がはじまる!!!やだ!!!

 

 

 

 

*1:夜行バスの場合、東京まで5〜6、大阪まで10時間のガチ地方

*2:社会人ジャニオタの彼の勤務地

*3:その中でも細かく分けると7つ

*4:メリットは志望動機を1からいくつも考えなくていい、デメリットは企業研究はふつうより必要でよく深くまで聞かれる

*5:いま思うとゆるい雰囲気ながらも選考だったんだなあと

*6:ここでの選考=書類通過後のテストや面接等

*7:書類はすべて通過したのでその後自ら選考を決めた数

*8:交通費出してくれるところってそんなに多くないです

*9:中島健人さん、大西流星さん、正門良規さん、松村北斗さん、その節は大変お世話になりました

*10:cv.櫻井翔

*11:その年はワクワク、嵐フェス、ツアーの3つでしたが

*12:結果志望大学に合格ました

*13:なあなあにやっても話せないから…

*14:部長、副部長、生徒会で三役もやりました

*15:面接官と同じくらい

大好きな人が増えました

結論から書きますね!担当増やします!
も~めちゃめちゃ悩んだというか、ジュニアを担当にするということで初めてのことが多すぎて、分からないことが多すぎて。いや今もどうなるかわかんないんですけれど、あ~なんか好きだなって気付いてから、1年間じわじわ追い詰められて気付いたらいっぱいいっぱいになってました。だからまた掛け持ちます。
 
 
 
でも約10年おたくしてきて、突然のジュニア担怖すぎる。実際に今二宮さんと淳太くんの担当している身から見ても、ジュニアはどうなるかわかんないし、デビュー組に比べたら現場も露出も不安定で。あとね~私自身がもうこの子でいっぱいいっぱいすぎてコワい。もしかしたらこんなに好きなのは今だけなのかもって思ったり。なんか、現場に行ったり番組を見ててもびっくりするくらい目で追ってるし、目離せないし!口ぐせのようにすぐしんどいっていう。しんどいんだもん。
だからいろいろ考えたんですけれど、もしもその子が「じゃあ半年後デビューします」って言われてデビューしたら担当にするかって言われると、そういうことでもないな~って思って。たまたま好きになったのがジュニアだったってだけで、今でもいいじゃんって気付きました!!!(話が急展開でめちゃめちゃアホっぽい)

 

 

 

そんで誰担になるん?って話なんですけれど、関西ジャニーズJr.の大西流星さんです。ちょうど1年くらい前から流星くんのことは好きで、まあじわじわやられてきた感じはあったんですけれど、数日前にジャニーズWESTのクリスマス京セラ公演のDVDを見まして。そこで何気な~く映った流星くんに違和感を覚えたんです。なんだろう…って考えたんですけれど「いや~~~もったいない、この子バックなのもったいないな!」っていう気持ちからの違和感だったって気付きました。ジャニーズWESTどうこうじゃなくて、こう、バックに流星くんがいることがなんか違うな~と。もちろんね、好きだからフィルターたっぷりの自覚はあるんですけれど、こんなにキラキラしてて、パフォーマンスも中身もアイドルな流星くんだから、いつかメインとしてこういう景色を見せてくれる気がしたんですよね!!!そう考えたら止まらなくて、すでに自担と同じくらい好きなんだなってすごいしっくりきて、腑に落ちた感じもしました。何より、もう自担と並ぶくらい流星くんのこと信頼してる。みんなの前にいる限り、流星くんは流星くんでスーパーアイドルでいてくれることをわたしが信じられているから、なんか勝手に大丈夫な気がしてます。

 

 

だから晴れて大西担ですっていうことになるんですけれど、改めて大西担ですっていうのなんか…すごい、めちゃめちゃ若い子になった気分*1!!!

まあこう言っても、これからもいろんな子に好き好き言うけど、わたしの中では担当の方ってすごいやっぱり絶対なところもあったり、一応担当って言うからには応援し続ける覚悟を持ってるからやっぱり特別で。現場は担当と言うからには遠くても、遠征でも会いに行けるときは行きたいな~とは思うけれど、担当の子の現場は無理しない*2ってスタンスでいるので、自分のペースで応援できればいいな~と。

こうなるともうこの先が楽しみで仕方ない!大阪なんて毎回遠征だけど、もう遠征でいい(涙)遠征します(涙)

 

 

 

あともう余談でね、すごい個人的な話なんだけど、にのちゃんも淳太くんもメンバーカラー黄色でね。将来デビューしたりユニットとか入ったときに、流星くんのメンカラが黄色になったら面白すぎてしぬ(笑)だって担当以外でも好きな子ほんっとに黄色多いんだもんありえる……*3でも実際のところ年下とか可愛いキャラの子と一緒になってもピンクぶんどってそうで、それはそれで超好きだし、もしも青とかきたらカッコよすぎてほんとムリ好き。

 

あとこうすぐ自担と並べて考えたがるおたくなんですけれど、

・全力でアイドルができる

・頭の回転がはやい

・顔はタイプじゃない*4

ってところがにのちゃんと淳太くんに共通してて、なんかもういろいろ考えたけどこうなるって決まってたんじゃないかと思ってもはやこうなってしまったことが面白くて仕方ないです(笑)

ハア~これが運命か~~~(やめて)

 

 

 

*1:流星くんと小学校被りません

*2:なんでもかんでも犠牲にしたり、無理やり行かないという意味で

*3:塚ちゃん、まっすー、玉ちゃんとか

*4:好きな顔は松村北斗さん、岡本圭人さん、萩谷慧悟さん

170517 ジャニーズ銀座Love-tune公演

らぶのクリエがほんとうに楽しかったので、レポとかじゃなくて個人的な備忘録として書いておきます。ほんっとにたのしかった~~~~~~!

 

 

2017.5.17 昼 ジャニーズ銀座 Love-tune公演

 

1.CALL

2.レスキューレスキュー

3.Keep the faith

4.自分のために

HiHi JET

 

開演前はCALLは頭振って全力で楽しむしかないよねって話してたのに、目の前を通るメンバーに開始数秒で動けなくなった…数秒後うわっ、超カッコいい…Love-tuneだ…って意識を取り戻したら、もう感動と楽しさが一緒に押し寄せてきて気付いたらペンライト振って声出してて。Love-tuneLove-tuneのファンだけの空間のCALL、これが見たかったんだ~~~!って実感したし、CALL終わりには絶対この公演最高なものになるな~って確信してたなあ…

自分のためにはメンバーがいっぱい煽ってくれて、特に怜央ちゃんがにこにこして楽しそうに煽ってくれてたのが印象的だったな~かわいかった…!

自分のためにが終わって、安井くんが「今日は特別にジュニアがきてくれてます~」という紹介で突然ハイハイが出てきたのはびっくりした(笑)ひたすら隣の相方さんに「えっ、ゆうぴーいる!!!ゆうぴー…ゆうぴーじゃん…」って連呼したし*1、安井くんとの絡みがかわいかった~~~!

 

 

5.MOON

6.PSYCHO

7.SHE! HER! HER!

 

和コーナーはまさに魅せるLove-tuneで、個としても7人としても魅せられました…はじめに萩ちゃんのドラムとモロちゃんの太鼓から入るんだけど、もうね~モロちゃんの太鼓がカッコよくて…!!!!!単純に萩ちゃんのドラムに合わせて叩けるってすごいなあって、太鼓ってあんなに早くカッコよく叩けるもんなんだあって思ってた…

PSYCHOの演出が好きで!そのパートの人だけ動いてる間、ほかの6人が扇子で顔を隠しながら待機してるんだけど、次の人への入れ替わりがキレイで…説明しにくいのがほんともどかしい…

衣装はね~みゅうとのが和っぽい衣装の中でもあんまりない感じで、黄色に水色がさし色に入ってて好きだったな~

 

 

8.Otherside

9.SEVEN COLORS

10.MU-CHU-DE恋してる

11.NO WAY OUT

 

Othersideほんっとうにカッコよかった!サビでステージの前の方に横並びになってる7人がカッコよかったし、指の演出がよかった~!もう見れないのが惜しいんだけど、少クラとかでぜひ…!

MU-CHU-DE恋してるはもうね~~~~~~~~ほんと……………お立ち台が目の前でさなぴーのカッコよさに圧倒されてました…!びっくりしすぎてとりあえずさなぴーを見上げるだけで精一杯だったから手振ったりなにも反応できなくて、申し訳なかった…もうさあ~~~あんなにカッコイイのずるいもん、さなぴーめちゃめちゃ男だった…

NO WAY OUTはあらんちゃんの「ペンライト降ろして!」っていう一声でみんなで手上げて。ペンライトの光もキレイで好きだけど、手ひとつっていうのも違う一体感があって楽しかったな~。「顕嵐が言うなんてびっくりした!」「降ろさせてごめんね~」みたいなやりとりがかわいかった~

 

 

12.Secret Lover

13.My Love

14.恋を知らない君へ

 

Secret Loverね、萩ちゃんしか見てなかったんだけど、はぎちゃんってこんなに色気ある踊り方する子だったっけ?????なんだろう~艶やかとも違うし単純にえろっちい*2っていうものもったいないような…新しいはぎちゃんを覗いてしまった気がしました…

My Loveね!椅子使うんです!椅子演出好きにはたまらなかったです…*3ステージの上手に椅子6つあって、下手でみゅうとのダンスっていう構成で。美勇人の吐息パートの色気がすごくて、聴覚と視覚がふっとびそうだった…すごかった………

 

 

コント

15.愛はタカラモノ

16.罪と夏

 

モロササイズで見学紹介で話題になったチキバの私のオキテの振りを入れてくれたんだけど、はぎれおの暴走っぷりがかわいかった~~~

罪夏は最強、言うことなし。

 

 

17.Masterpiece

18.アイノビート

19.Revolution

20.言葉より大切なもの

 

長年嵐も好きな身からすると、言葉より大切なものってコンサートでも定番でよく終盤でやる曲で、これをらぶともやれたのはわたしとしては嬉しかったな~!「疑うことなく~」からファン、「あなたよりも大きな愛は~」からはらぶとファンで歌うの、たのしかったなあ~。やっぱりこの曲いい曲だなあって思ってた。

 

 

21.Make it

22.SHAKE

 

1度しか聞いてなくて、思い出しにくいんだけどねMake itを歌う7人はキラキラしてて、今この曲聞けてよかったな~ってことを思ってたのを覚えてる。あとね曲前のさなぴーの言葉にちょっと泣きそうになったし元気ももらえてすごく幸せだったなあ。

 

このアンコール後に幕前であいさつに出てきてくれるんだけど、着替え途中のあらんちゃんに、体操服に着替えてるはぎちゃん(笑)誰もつっこまないけど、はぎちゃんだなあって好きだった(笑)

 

 

 

初めてらぶだけの公演にお邪魔させてもらって、正直結成1年でこんなライブが作れるものなんだってびっくりした。構成、選曲、衣装、どれも魅せられるものだったし楽しくて仕方なかった。改めて7人カッコいいなって思ったし、ついていきたいなって。もっともっと大きなところで、たくさんのファンの声が届けられたらなあなんて思ったよ。

 

 Love-tune1周年おめでとう!

 

*1:中高生ジュニアで1番好きなゆうぴー

*2:©朝田淳弥

*3:翔ちゃんのCan't Let You Goとか嵐のモノクロ、春松竹のWater Dropもよかった

#我が息子に付けたいジャニタレの名前5選

実は1か月くらいかな?前にお見かけしていて、すごくワクワクするテーマだったので今さらながら乗っからせてもらいます…!

 

 

1.慧悟(ケイゴ / 萩谷慧悟


初っ端から好きな子の名前かい!っていう(笑)ひらがなにしたときに、伸ばす音がはいるような呼び方ができる名前に憧れがあって!小さい子どもでも呼びやすいし分かりやすいところがいいな~と!あとはぎちゃんの慧悟は漢字もきれいで整ってるし、苗字とのバランスもよくてふつうにカッコイイ。

あと圭人(ケイト / 岡本圭人)も同じ理由でいいな~と!(結局好きな子ばっかり)

 


 

2.誠也(セイヤ / 末澤誠也


セイヤーーーーーーー!(うるさい)セイヤって音は爽やかなのに"誠"の漢字が付いてるのが男って感じでちょっとお堅くていいですよね……

 

 


3.雅紀(マサキ / 相葉雅紀


さいきんだと女の子でもマサキっているくらい*1メジャーで分かりやすいお名前。漢字次第でいろんな雰囲気にできるところもいいな~~ もし息子のマサキに彼女ができたら"マサ"とか"まあ"って呼んでもらいたいやつです!!!

 


 

4.恭平(キョウヘイ / 高橋恭平)


なんかきょーへーって書くとバカっぽいよね?いや、ちがうちがうよ?恭平くんがバカとはいってないよ???(思ってはいる)でも、小さい子どもでも分かりやすいし呼びやすくて覚えてもらいやすいし、平ってちょっと古風な感じがして好きだな〜

 

 


 5.雄登(ユウト / 那須雄登 中島裕翔 髙橋優斗)


ジャニーズでユウトって結構いるね…!漢字も見ると那須くんの雄登が特に好きかな〜と。読めるけれどこだわりがあるってベストバランスだと思ってます。呼びやすさもあっていいな〜〜!

 

 


あとほかにも好きなお名前の子たくさんいて、陸(リク / 小柴陸)とか聡(ソウ / 松島聡)も好きなんですけれど、漢字一文字はなんかあんまりしっくりこなくて…(笑)でもステキだし好きなお名前です!!!

名前の好きは自担とか全く関係なく選べるのがたのしいです(笑)



ふりかえり

去年は帰省こそしないものの年越し飲みをしてたのしい大晦日だったのですが、ことしは元旦からバイトなのであきらめてひとりで…違う!画面の中のジャニーズと年越しするよ!!!(泣いてる)

 

 

2016年はお正月からZIPで末ズ爆弾を落とされたり、クロニクルのヨコちゃんとかまあ今年もいそがしいぞ~~と思っていたら、ほんっっっっっっっとうにいそがしくなりました。(物理的にも)

 

3月はじめてジャニーズWESTのコンサートにおじゃまして、相方を神山担に仕上げました。はじめて生で見るジャニーズWESTはきらきらしてて、目が離せなくなる感覚をじわじわ味わいました。4月にはジャポアリに参戦することになったりと自担の活動も充実してました。

 

 

でもこの春ころからわたしのジャニオタ生活がくるくる変わりはじめました。そうそう原因は完全にジャニーズJr.。

 

まずSixTONES松村北斗くん。北斗くんは4年前からしっていたけれど、なんでだろう今年になって改めて再熱してしまったからしょうがない。ガムシャラの北斗くんだったり服のセンスだったり、わたしのツボをなんでも突いてくる北斗くんずるい。したら気付いたときにはもう好きって思ってたし少年たち申し込んでた。生で見る北斗くんはもうその話し方も所作も全部が離してくれなくて、ずっと北斗くんばっかり見てたなあ。バニラボーイも遠征してまで見たよ。パスタ。

 

次にLove-tune萩谷慧悟くん。はぎちゃんにユニットができた。ただ7人がいるこのLove-tuneが好きだと思ったし、ご縁もあって10月にえびコンにおじゃますることができて。はぎちゃんがコンサートを終えて雑誌で何度か「大阪でのコンサートでLove-tuneのうちわが増えていてうれしかった」と話してくれたことは忘れもしない大事件です。はぎちゃんが応援してくれるファンがいるんだよって実感してくれたのもうれしかったし、それはつまりファンの応援が伝わっているということで。これからもはぎちゃんはもちろん、このLove-tuneというユニットが大好きだと叫びたいな。

 

最後に関西ジャニーズJr.の大西流星くん。久しぶりに関ジュに触れる機会があって、流星くんの成長を見て。好きだって気付いたとき一番びっくりした。だって流星くんのこと好きになるなんて自分が一番思ってなかった。3年前の自分に言ってもぜったい信じてもらえない自信しかない。だって~~~流星くんって何個年下って話。でも15歳でこの姿だから好きなんですけれど…矛盾…でも年上の淳太くんですら息子みたいにかわいいと思ってるから、むしろ年下の流星くんを息子みたいだと思ってもなんにもおかしくないね(?)

流星くんのワクワクとえびコンの見学回と被って、クリパよりも先に生流星くんを拝んだりしたけど、ついに12月ステージに立つ流星くんを見て、流星くんを、関西ジャニーズJr.を応援したい。もっともっと。もっと上に。って思った。

 

 

あと少クラを最初から最後までちゃんと見るようになった。というか見たくなった。特に6月くらいからかなあ。もちろんセクゾちゃん、えび、いろんなジュニアのことをたくさん知れたからっていうのもあるけれど、単純になんか面白いし番組にまとまりが出たように勝手に感じてました。

だからっていうのもあって、松倉海斗くんという新たな息子を知ることもできたし、じぐさんのヴェッヴェッであんなに楽しめるしさいこうだったよね。

 

 

担当グループはどちらも現場が冬にかたまっていたので、WESTのドームとあゆはぴとはしごして、改めてさいこうだ~~大好きだ~~となり、無事(?)にジャニオタとしての2016年を終えようとしています。

 

 

 

2017年はやることはやらなきゃいけない1年だけれど、その中でもジャニーズをたのしみにジャニオタしたいな~~(のんき)1年間関わってくださったみなさんと、にのちゃん、淳太くん、北斗くん、はぎちゃん、流星くん。みんなに感謝しています。ありがとうございました。来年もよろしくお願いします!

 

 

あいばさん!最後まで司会がんばってね!

応援してます!

 

ジャニーズ楽曲大賞2016に投票しました

毎年楽しませていただいているジャニーズ楽曲大賞。今年も投票させていただきましたのでメモとして残します~~(もっと語りたいだけ)

 

 

<楽曲部門>

1位 Daylight(嵐)

理屈じゃないよね!!好きです!!まずキラキラした感じのさわやかな雰囲気の音楽が好きで*1、そこにドラマのストーリーにもあった歌詞がぴったりで。辛いことがあったとき元気と勇気をもらえる私への応援歌だと思っています(ちがう)潤くんが翔ちゃんにラップ書いてってお願いしたエピソードも含めて大好きです!!!

 

2位 CHO-EXTACY(ジャニーズWEST

えっ???ちょーえくすたしー???なにそのタイトル……って笑ってたらCHO-EXTACYだったよね(?)いや~~~お兄さんたちほんとさあ。やってくれたよね。なんかもうジャニーズWESTってジャニーズのセクシー担当だよ。四の五の言わず今すぐドームコンサート円盤化すべきだし、ツアーでもやるべき。チョエク*2のために買う。チョエクロスだから。

 

3位 雪に願いを(ジャニーズWEST 濱田崇裕、小瀧望

語彙力失くした。好き。最高。はまこた万歳。

 

4位 また今日と同じ明日が来る(嵐 二宮和也

正直タイトル出て「またそれ君*3とかどこにでも*4系の二宮さんお得意のバラードかな~~~」と思っていた。違った。普通にこんな曲聞いたことがないと思ったし、二宮和也にしか作れないと思った。また二宮さんは想像を超えてくるので離れられないなあって。悔しい。あと楽器も小道具もなしの体一つでのパフォーマンスが久しぶりで、これもまたよかったです。

 

5位 星の王子さま(NEWS 加藤シゲアキ

加藤シゲアキの作る世界、放つ言葉が好きだなあと圧倒された曲です。特に"溢れだすうたかたのページ""明けゆく夜をなぐさめる""心の勇敢"のフレーズが好きでずっと聞いていたくなるし、加藤シゲアキの世界にふわふわ浮かんでいたくなります。

 

ほかの候補としては

・Wonder

・NewDay

・Why?

・SL boy

・Baby blue

・I Scream Night

・Fantastic Ride

・Masqueradeなど

 

 

<未音源化部門>

CALL(Love-tune

初めてのオリジナル曲として、贅沢なくらい良い曲をいただいたと思いました。ダンスも歌もバンドもLove-tuneの良いとこどり。CALLを歌う彼らがかっこよくて輝いていて、Love-tune最高!!!と叫ばずにはいられない。

 

 

<現場部門>

ジャニーズWEST 1st ドームLIVE ♡24から感謝届けます♡

ここから先、ジャニーズWESTがどれだけ大きくなったとしても、このコンサートだけは忘れないと思います。会場であんなにも多くのファンが泣いている現場なんてきっとないだろうし、それはジャニーズWESTの決意を見たからではないかなあと。ただ一つ、ジャニーズWESTがまたドームに立つ未来を私も一緒に見たいと思いました。

 

ちなみに悩んだものとしては、浜中文一主演ミュージカルの50Shades~クリスチャン・グレイの歪んだ性癖~なんですけれど、今まで行ったどの現場より爆笑したし公演後のすっきりした爽快感がすごかった。文ちゃんが言うように再演したら、見てない方はぜひ見に行ってほしいです。想像の100億倍ぶっとんでるので(笑)

 

 

<MV部門>

ESCORT(NEWS 加藤シゲアキ

自分でも勘違いしそうになるけれど、加藤シゲアキ担でもなければむしろ増田さんが好きなんですけれど、加藤シゲアキの作品担みたいなところはあります(?)だってずるくない?コンサートでホテルマン衣装着て、女性をエスコートしていたシゲアキさんが、MVではシゲアキさんが二人いて。一つの曲で二つの物語を生み出すシゲアキさん本当にすごい。単純に。完敗です。

 

 

<ベストバイ部門>

ARASHI BLAST in Miyagi

セトリは定番の、慣れ親しんだ曲が多い。聞きなれた曲が並んでいるはずなのにどうして5人はこんなにも幸福感を与えてくれるのか。理由はわからないけれど、画面を通してこの5人が作る温かさに胸いっぱいになった作品です。

 

 

 

今年は面白いくらい担当グループ*5に偏った結果になりましたが、グループ問わずジュニアまでたくさんの曲や現場に触れてほんっっっっっとうに充実した1年だったなあと。ちなみに加藤シゲアキ担ではないです(2回目)

*1:ほかにはRise and Shineやユメニカケルなど

*2:CHO-EXTACY

*3:それはやっぱり君でした

*4:どこにでもある唄。

*5:担当は二宮和也中間淳太で、松村北斗くん萩谷慧悟くん大西流星くんが好きです

2016年の現場ひとこと感想

 

2016年3月20日 ジャニーズWEST ラッキィィィィィィィ7 朱鷺メッセ 1部2部

初のジャニーズWEST現場。今まで入った現場で一番狭くていやちっかいな…?って混乱してたし両部とも罰ゲームで(新潟はじまる時点ですでに厳しそうだった)りゅせじゅんが見れたので軽率にしんだ。


2016年4月23日 嵐 “Japonism Show” in ARENA サンドーム福井

スタンド上段でもあんなに近いサンドーム福井恐ろしい。嵐のパフォーマンス力に圧倒されました…


2016年6月11日 私立恵比寿中学 JapanホールKeikiiiiツアー2016 新潟県民会館

普段ジャニーズばっかりなんですけれど、女の子アイドルも大好きで。エビ中は1年ぶりでした。なんで女の子アイドルってあんなにお顔がちっちゃくて細くてかわいいんだろう…


2016年6月19日 嵐のワクワク学校2016 京セラ

まさかの自担と自担が共演。二宮さんの人たらしっぷりと、淳太くんの広い背中しか見てませんでした!!!


2016年6月26日 AAA ARENA TOUR 2016 -LEAP OVER- 朱鷺メッセ

ご一緒させてもらったんですけれど、なんせセットにお金かかってて綺麗だった(そこ)


2016年9月9日 少年たち 危機一髪! 日生劇場

松村北斗は生で見るものじゃないと思いました…いや見たいけど!!!!!見たいんですけれど目に入れちゃいけない感じ…

 

2016年10月2日 A.B.C-Z Star Line Travel Concert 大阪城ホール

スタトロの止まる位置がとっっっっっても近くて一生分のジャニーズの視線を摂取してしまったといっても過言ではなかった…いまだに戸塚さんが何するわけでもなくじーっと見てたのは謎でしかない*1。萩ちゃんの後日談がうれしかったのでこの先も忘れられない公演です。


2016年10月9日 Hey!Say!JUMP LIVE TOUR 2016 DEAR. 横浜アリーナ

とにかくキラキラ感がすごかった!!!圭人のビジュがよすぎてひたすらに心奪われました…髪短くしないでね!!!お願い!!!


2016年10月24日 Vamp Bamboo Burn ヴァン!バン!バーン! フェスティバルホール

見てるこっちまで体力持っていかれるくらい役者さんのパワーがすごかったです。長い期間だったけれど神ちゃんが楽しそうで何よりでした。

 

2016年12月5日 関西ジャニーズJr. クリパ 松竹座

初関ジュ現場!!!関ジュのパワーがすごくて、とにかく流星くんがかわいくてかっこよくてキラキラしててアイドルしてた!!!楽しかった!!!

 

2016年12月6日 50Shades!~クリスチャン・グレイの歪んだ性癖~ 新宿FACE

いや~~笑った笑った!!!これ行かなかったら相当後悔しただろうなってくらいぶっとんでて、最高にすっきりして終われるミュージカルでした。歌が好きなのでミュージカルっていう部分でもう見ごたえがすごくて、その上あのストーリーと演出。最初から最後まで爆笑してました。ネタバレ?になるのかわからないですけれど、曲中の演出で文ちゃんに指さされたとき、迫力がすごくてひっどい顔してたと思います(笑)楽しかった!!!

 

2016年12月25日 ジャニーズWEST 24から感謝届けます 京セラドーム 1部2部

ありがたいことにあのドームで友人とともにアリーナ席が当たるという運のよさ…なかなかチケ運も席運も発揮しないことで有名な私なんですけれど、ここまで運貯めてたのか!!!と言わんばかりの近さでした(墓)7人が近すぎて、曲中ほかのメンバーパートのときの動きだったり、ファンサ振りまいてる姿だったり何でも近くて何度も息を飲みました…2部にいたっては関ジュで好きな大西の流星くんの立ち位置が近いことが多くて、それはまあかわいくて頭から足先まできれっきれでかっこよくて。あの大西スマイルを近くで拝んでしまったのがなんかもう…言葉にできないです…かわいかったです…

 

2016年12月27日 嵐 Are You Happy? 東京ドーム

半年ぶりの嵐現場。ドームのあの人数であの一体感はやっぱりほかの現場ではなかなか味わえない気がしました*2。ペンライトの使い方もまた一段とパワーアップしてて驚いたなあ。あの技術すごい。なんだかんだ元気と居場所をくれるなあと。

 

 

たくさんのご縁に恵まれてほんっとうに楽しい1年でした。来年はあと2か月でしばらく現場を控え(めにし)ようと思っているので、今決まっているWESTの横アリ福井と東西を楽しみたいと思います!

*1:隣の友人は河合うちわ、私は萩谷うちわ持ってた

*2:シングル曲とかが多かったのもあるけれど